SEDのTOPへ  |  事業概要  |  サイトマップ  |  お問い合わせへ

  1. ホーム
  2. Landsat他衛星画像ギャラリー
  3. 噴煙を上げる桜島
Landsat他衛星画像ギャラリー

Landsat他衛星画像ギャラリー

 ※ギャラリーの画像は任意の色付けをしています。実際の見え方とは多少異なります。画面上側が北方向になります。

2014年5月9日公開「桜島噴火直前(2014年5月2日)の熱画像」

鹿児島県の桜島火山は、ゴールデンウィーク中も火山活動を活発化しました。2014年5月2日撮影のランドサット衛星の画像を通して、中間赤外や熱赤外の画像を紹介します。左と中央は、30m分解能画像、右は100m分解能画像です。(下画像をクリックすると拡大します)

桜島トゥルーカラー中間赤外熱画像の比較

Landsat-8衛星のOLIセンサの撮影した桜島です。左はトゥルーカラー画像、中央画像は、RGB(R:7中間赤外長(長)、 G:6中間赤外(短)、B:4可視光の赤)に割り当てコントラストを調整したフォールスカラー画像です。温度の高い火口部分が赤から黄に光っているのがわかります。右の熱画像で検証してみると温度の高い部分が一致します。
噴火は2014年4月28日頃から活発化し5月3日、5日と爆発噴煙を巻き上げました。翌日3日の噴火を前に静かに火口がたぎっているようです。 
   »桜島噴火経過(NHK鹿児島放送局サイト:「桜島噴火情報」をご参照ください)

2014年4月2日公開「噴煙を上げる桜島(2013年8月19日)」

2013年8月19日:Landsat-8/OLI撮影

2013年8月19日、噴火翌日の鹿児島県桜島の様子です。
←西側に噴煙が10km以上にわたりたなびいている様子がわかります。クリックすると大きい画像が見られます。