宇宙技術開発株式会社

社員の声

金丸 玄信

所 属 衛星技術部 衛星管制グループ
名 前 金丸 玄信(2016年度入社)
出身校 KCS鹿児島情報専門学校 情報システム専門科

これまでの業務
2016年~現在 GOSAT衛星管制運用業務

  • Q

    学生生活について

    A

    アンドロイドアプリの開発やWEBアプリの開発に夢中になっており、日々生まれる新しい技術を片っ端から試していました。新しいことに興味を持って取り組んだ経験が今の業務でも役に立っていると感じます。

  • Q

    就職活動について

    A

    宇宙開発業務につきたいと考えていたのでグループの専門学校に入学しました。就職活動の際には、元SED社員の講師にアドバイスをいただきました。

  • Q

    宇宙業界を志望するきっかけ

    A

    小学生の時に見たM-Vロケットの打ち上げの迫力に圧倒され、宇宙開発に憧れを持ちました。宇宙開発というスケールの大きな世界に自分も飛び込んでみたいと考え宇宙業界を志望しました。

  • Q

    SEDを選んだ理由

    A

    日本の宇宙開発を黎明期より支えてきた企業の一つであり、すべての業務が宇宙に関係する内容であることに魅力を感じ志望しました。

  • Q

    現在の仕事

    A

    GOSATという温室効果ガス観測衛星の衛星管制業務を行っています。運用開始から8年と比較的長く運用している衛星のため、これまでの不具合やその処置など、覚えることがとても多くあります。知識を身に付けるにつれて、衛星が今何をしているのか分かるようになっていくことが喜びです。

  • Q

    仕事のやりがいや、大変なこと

    A

    人工衛星は精密機械のため、覚えなければならないことがとても多くあります。日常的な運用に加え、不具合に対応できる知識も身に付けなければならないのが大変です。不具合記録や周知事項について勉強し、正しく対応ができたときにやりがいを感じます。

  • Q

    仕事をしていて興奮した瞬間

    A

    運用している衛星の観測データを使った研究の論文や発表などを見ると、自分の仕事は科学の発展のために役立っているのだと感じ、そのスケールの大きさに興奮します。

  • Q

    学生時代に学んできた、体験したことで仕事に役立っていること

    A

    学生時代にはシステム開発について学んでおり、その経験が実際の業務での開発や改修作業に役立っています。衛星運用や評価に使われているシステムに不具合が出た際、調査や対処をする機会が多くあり、その際には学んできたことが活きているなと感じます。

  • Q

    入社前と入社後での会社の印象の違い

    A

    正直なところ宇宙開発業界に堅いイメージを持っていたのですが、とてもコミュニケーションが活発で明るい雰囲気の職場でした。もちろん締めるところはしっかり締めるなどメリハリがしっかりしている印象があります。

  • Q

    宇宙に関わる仕事に就いて、周囲の反応

    A

    やはり宇宙業界に就職する人は滅多にいないこともあり、皆とても興味を持ってくれています。天気予報や位置情報サービスなど、普段何気なく使っている技術も人工衛星によるものなので、話す話題には事欠きません。

  • Q

    SEDのここが自慢

    A

    日本の宇宙開発を黎明期から支えてきた企業だということです。ロケットの打ち上げから運用、ISSまで、端から端まで宇宙に関係する仕事をしている企業はそう多くありません。

  • Q

    今後挑戦したいこと

    A

    衛星管制業務は所有している資格によってできることが異なります。今後はさらに衛星の知識を身につけ、さらに上位の資格を取得できるように邁進していきたいと考えています。

  • Q

    就職活動中のみなさんへメッセージ

    A

    就職活動を通し、SEDは宇宙開発に対する夢や憧れを尊重してくれる企業であるという印象を受けました。自分の持っているスキルをどう宇宙開発に活かすのか、今後宇宙開発はどうあるべきなのか自分の考えをストレートに伝えることが大事だと感じました。

平成29年8月23日現在