宇宙技術開発株式会社

社員の声

矢野 匠馬

所 属 ネットワーク管制部 追跡エンジニアリンググループ
名 前 矢野 匠馬(2016年度入社)
出身校 名古屋工業大学大学院 工学研究科 機械工学専攻

これまでの業務
2016年~現在 人工衛星の軌道力学運用業務、スペースデブリ接近解析業務

  • Q

    大学(院)の研究内容

    A

    流体力学について研究していました。台風並みの風速を出すことが可能な大型風洞を使用した実験をしていました。

  • Q

    就職活動について

    A

    就職活動中は、様々な業界をみてきましたが、その中でも特に胸が躍ったのが宇宙業界でした。そのため、宇宙業界に携わることができる企業のみを受けました。

  • Q

    宇宙業界を志望するきっかけ

    A

    ロケットの打上げを種子島で観たことがきっかけです。宇宙まで打ち上がっていくロケットの姿に感動し、自分も宇宙を舞台に仕事がしたいと思いました。

  • Q

    SEDを選んだ理由

    A

    SEDで働いている大学時代の先輩からインターンシップを紹介してもらい、参加したことがきっかけです。また、SEDは宇宙業界のなかでも、幅広く事業展開しており、どの部署に配属しても宇宙に携わることに魅力を感じたためです。

  • Q

    現在の仕事

    A

    人工衛星を安全に飛ばすことが私のミッションです。私は主に2つの業務を行っています。
    1つ目は、人工衛星の軌道推定です。人工衛星は地球の周りを勝手に飛んでいるわけではなく、我々によって衛星の軌道位置を計算し、作成した軌道情報を基に衛星チームが運用することで、正しい軌道に飛ばしています。
    2つ目は、人工衛星とスペースデブリ(宇宙ゴミ)との接近解析です。宇宙空間に数多く存在するスペースデブリが人工衛星に衝突すれば一瞬で破壊されます。そのため衝突しないようリスク評価を行い、衝突リスクが高い場合には、衛星チームに警告を出し、衝突回避の具体策を検討・提案します。

  • Q

    仕事のやりがいや、大変なこと

    A

    人工衛星の軌道情報を作成し、各ユーザ(衛星、地上局等)に提供していますが、作成した軌道情報が衛星運用にどの様に使用されているかは知りませんでした。
    しかし、地上局アンテナによる衛星の追跡管制業務をする機会があり、実際に作成した軌道情報を基に運用をしました。軌道情報を提供する側から使用する側になり、衛星の運用は難しく、大変でしたが、とても良い勉強になり、今後の仕事へのモチベーションUPにも繋がりました。

  • Q

    仕事上でのエピソード

    A

    はじめて人工衛星とスペースデブリの衝突を回避する運用に携わった時のことです。衝突リスクの高いデブリを検知した場合、デブリとの衝突を回避するために、衛星の軌道を変える準備をするのですが、衛星の軌道をどの方向にどのタイミングで変えればよいか検討・提案します。それを基に衛星チームが回避制御を実施しますが、もし自分が行った接近解析が間違っていれば人工衛星の命に係わります。デブリ回避するまでドキドキしますが、回避制御が成功した時は嬉しかったです。

  • Q

    仕事をしていて興奮した瞬間

    A

    人工衛星の最後に立ち会えたことです。人工衛星の打上げも興奮しましたが、衛星の最後に立ち会える機会は少ないため、非常に良い経験になりましたし、自分が携わっていた衛星でもあったので、一番印象に残っています。

  • Q

    学生時代に学んできた、体験したことで仕事に役立っていること

    A

    学生時代は宇宙に関する勉強や研究をしていなかったのですが、研究に取り組む姿勢や目標までのアプローチ方法は、仕事をする上でも非常に役立っていると感じます。就活生の皆さんの中で、宇宙に関する研究をしていなくて不安に感じる人もいると思いますが、宇宙のことは入社してから嫌というほど勉強できますので安心してください。

  • Q

    宇宙に関わる仕事に就いて、周囲の反応

    A

    友人から「将来は宇宙飛行士だね!」とよく言われます。

  • Q

    SEDのここが自慢

    A

    生涯、宇宙に携われることができる会社です。宇宙業界で幅広く事業展開している企業は弊社だけだと思います。ロケット・宇宙ステーション・人工衛星など至る所で活躍することができます。

  • Q

    今後挑戦したいこと

    A

    人工衛星とスペースデブリの接近解析を行い、衝突回避の警告を出していますが、デブリ除去技術のビジネスにも携わってみたいです。現在、宇宙空間には膨大な数のデブリが存在していると言われています。デブリの数は年々増え続けているため、デブリ除去は人工衛星の運用を安全に行う上で非常に重要になります。

  • Q

    就職活動中のみなさんへメッセージ

    A

    夢の舞台で一緒に働きましょう。

平成29年8月29日現在