宇宙技術開発株式会社

社員の声

熊谷 和希

所 属 実用衛星事業推進部 準天頂衛星グループ 神戸出張所
名 前 熊谷 和希(2015年度入社)
出身校 気仙沼向洋高等学校 専攻科無線科

これまでの業務
2015年~現在 準天頂衛星管制運用業務
2016年~現在 準天頂衛星2号機~4号機開発支援業務

  • Q

    学生生活について

    A

    私の学校は、無線通信の資格取得に注力しており、資格取得に向け勉強に励む毎日を送っていました。もちろん遊びたい盛りでもありますから、"やるべきことをやってからやりたいことをやる"をモットーに掲げ、学生生活を送っていました。

  • Q

    就職活動について

    A

    高校2年のときにSEDの受験を意識し、専攻科への進学を決めました。大卒の受験者に肩を並べて採用を勝ち取るには、卒業までに無線の最上位資格である第一級陸上無線技術士を取得するしかない!と考え、受験対策と資格勉強を並行して進めてきました。

  • Q

    宇宙業界を志望するきっかけ

    A

    私の地元である宮城県は、東日本大震災では大きな被害を受けました。ライフラインが寸断され、被災状況が把握できない中、陸域観測技術衛星(だいち)から被災地を撮影した衛星画像によって被災の状況を知ることができました。その時から、将来は自分も人工衛星を通して多くの人の役に立ちたいという思いが強くなっていったと思います。

  • Q

    SEDを選んだ理由

    A

    何より無線の資格を活かして宇宙の仕事に携われるという点に魅力を感じました。また、SEDで働く高校OBの方から現場で働く生の声を聞き、大きく背中を押されました。

  • Q

    現在の仕事

    A

    次期打ち上げ予定である準天頂衛星2号機~4号機に搭載されるソフトウエアの開発支援ならびに動作検証業務をしています。

  • Q

    仕事のやりがいや、大変なこと

    A

    日本の社会インフラとなる準天頂衛星プロジェクトに携わることができ、責任感と誇りを感じながら日々業務に取り組んでいます。これから日本中の人が、自分たちが運用する衛星の信号を使うのだと考えるとやりがいを感じずにはいられません。

  • Q

    仕事上でのエピソード

    A

    前述した通り、私は現在準天頂衛星2号機~4号機に搭載されるソフトウエアの開発支援業務をしています。業務では、衛星を運用していた時には知りえなかった衛星内部の仕組みを知ることができ、新しい発見の毎日を送ることができています。

  • Q

    仕事をしていて興奮した瞬間

    A

    初めて衛星運用室に入った際、衛星をモニタするPCが数多く並んでいる光景を目の当たりにしたときは大いに興奮しました。また、初めて自分が送ったコマンドで衛星からテレメトリが返ってきたときは、本当に人工衛星を運用しているのだと感動しました。

  • Q

    学生時代に学んできた、体験したことで仕事に役立っていること

    A

    学生時代に取得した無線の資格です。衛星運用をしていたときは、主任無線従事者(無線の資格を有していない人が無線設備を操作する際に、その人に対して無線設備の操作を監督を行うことができる人)として従事していました。

  • Q

    入社前と入社後での会社の印象の違い

    A

    入社前から先輩に話は伺っていましたが、社員同士の仲が良く、風通しのいい会社だと感じました。

  • Q

    宇宙に関わる仕事に就いて、周囲の反応

    A

    帰省する度に家族親戚友人から、宇宙の仕事ってなにやってるの?いつ宇宙に行くの?などと質問攻めにあいます。残念ながら私は宇宙飛行士ではありませんので、人工衛星の素晴らしさについて長々と語って聞かせています。

  • Q

    SEDのここが自慢

    A

    宇宙開発の最先端で働くことができる。この一言に尽きます。

  • Q

    今後挑戦したいこと

    A

    上司から聞いた、「20代で蓄えた知識で30代以降は飯を食っていくんだ。」という言葉が強く胸に刺さり、20代は履ける草鞋は何足でも履いて、多くのことに挑戦しようと決心しました。直近の目標としては、情報処理系の資格を取得し、業務の幅を広げていきたいと考えています。

  • Q

    就職活動中のみなさんへメッセージ

    A

    自分に誇りを持てるような仕事を選んでください!

平成28年7月25日現在