宇宙技術開発株式会社

社員の声

小中原 祐介

所 属 宇宙システム技術部 輸送システムグループ
名 前 小中原 祐介(2015年度入社)
出身校 九州大学大学院 理学府 地球惑星科学専攻

これまでの業務
2015年~2016年 飛行安全管制ソフトウェア プログラム改修・試験
2016年~現在  飛行安全解析

  • Q

    大学(院)の研究内容

    A

    「シータオーロラ」という特殊な形をしたオーロラを数値シミュレーションで再現し、その形成メカニズムを研究していました。この分野で有名な先生が大学に所属していたこともあり、最先端のシミュレーションを使って研究することができ、とても有意義な研究生活でした。

  • Q

    学生生活について

    A

    勉強や研究もそれなりに頑張っていましたが、バドミントン部での思い出が一番印象に残っています。部からは関東に就職する人も多く、今でも飲み会などで会う機会があり、様々な業種の話を聞いたりするのが楽しいです。

  • Q

    就職活動について

    A

    ①宇宙業界に携わりたい、②どちらかというとメーカーよりもソフトウェアに興味がある、ということで宇宙開発を行うソフトウェア会社を中心に就職活動をしていました。

  • Q

    宇宙業界を志望するきっかけ

    A

    子供のころから星や宇宙に憧れを感じており、大学では宇宙で何が起こっているかを学びたいと思い、地球惑星科学科に入りました。宇宙開発は夢やロマンのイメージが強いですが、今や生活に身近な産業であるということを大学で知り、好きな宇宙に関わりながら社会に貢献したいと思い宇宙業界を志望しました。

  • Q

    SEDを選んだ理由

    A

    一番の理由は、どの部署に配属されても宇宙に携われるということです。また、宇宙開発のあらゆる業務に関わっている会社であること、社員の方がとても楽しそうに仕事の話をしていたことも理由の一つです。

  • Q

    仕事のやりがいや、大変なこと

    A

    自分で調べてプログラムを書いた機能がソフトウェアに採用されたときや、複雑なプログラムを扱う仕事を終了したときにやりがいを感じます。

  • Q

    仕事上でのエピソード

    A

    仕事の進捗が遅れ気味になったときに、「早く終わらせないと」と焦って作業の確認を怠ってしまい、やり直しをしなければならなくなったことがありました。その結果、やり直しに時間をとられ、かえって作業が遅れてしまいました。それからは作業メモを取ったりして、自分の作業をこまめに確認するように心がけています。

  • Q

    仕事をしていて興奮した瞬間

    A

    自分が携わったソフトウェアが正常に稼働し、打上げが無事に成功したときです。

  • Q

    学生時代に学んできた、体験したことで仕事に役立っていること

    A

    大学で学んだプログラミング言語とは違う言語を使って仕事をすることもありましたが、プログラミングの基本的な構造や考え方を学んでいたことで、ある程度スムーズに対応できたと思います。

  • Q

    入社前と入社後での会社の印象の違い

    A

    入社前は少々お堅い職場を想像していましたが、職場の雰囲気はとても明るく、よく笑う人が多いです。また、質問や自分の意見などにも懇切丁寧に対応してくれ、「人」に恵まれた会社だと思います。

  • Q

    宇宙に関わる仕事に就いて、周囲の反応

    A

    「夢がある」「スケールが大きい」と驚かれることが多いです。

  • Q

    SEDのここが自慢

    A

    宇宙開発のあらゆる業務に関わっていることです。SEDがなければ日本の宇宙開発は成り立たないと言っても過言ではありません。

  • Q

    就職活動中のみなさんへメッセージ

    A

    気になる企業があったら、できるだけ説明会に参加することをお勧めします。その説明会で「ここは違うな」と思ったとしても、それは無駄ではありません。なぜ違うと感じたのかを整理することで、本当に行きたい企業が明確になってくるからです。

平成28年7月25日現在