宇宙技術開発株式会社

社員の声

小林 勇気

所 属 衛星技術部 衛星管制グループ
名 前 小林 勇気(2014年度入社)
出身校 新潟情報専門学校 情報システム専門科

これまでの業務
2014年~現在 準天頂衛星管制運用業務

  • Q

    学生生活について

    A

    私は学生時代にIT系の科目を勉強していました。専門学校でのプログラミング実習の授業では、自分のコードでなかなかコンパイルが通らないときはクラスメートとあーでもないこーでもないと試行錯誤していました。アルバイトやツーリングなど学校以外でも学生生活を楽しんでいました。

  • Q

    宇宙業界を志望するきっかけ

    A

    宇宙開発の仕事は憧れますが、遠い世界の話だと思っていました。その時に月探査衛星「かぐや」から送られた月面のハイビジョン中継を見て「月面のような遠い世界に一歩でも近づけるかもしれない!」と思いSED志望しました。

  • Q

    現在の仕事

    A

    私は現在、準天頂衛星「みちびき」の運用業務に携わっています。「みちびき」の役割は、現在アメリカの衛星に依存しているGPS測位を、日本の衛星のみで実現しようとする試みの先駆けとなる実験をすることです。筑波宇宙センターでは24時間365日衛星からのデータを受信しているので、2交代のシフト勤務で仕事をしています。「みちびき」を少しでも長く飛ばし続けられるように頑張っています!

  • Q

    仕事をしていて興奮した瞬間

    A

    OJTを終えて運用に入り、初めて衛星へコマンド(命令)を送信した時、「送信成功」の文字が出た瞬間に興奮しました。定常運用で送信しているコマンドなのですが、実際に運用中の衛星に自分が指令を出しているという感覚に、この仕事は本当にすごいことをしているのだなと感じました。

  • Q

    今後挑戦したいこと

    A

    実用準天頂衛星の打ち上げに先立ってGPS・測位航法関係の知識を身に付けたいと思います。人工衛星の運用業務は、軌道姿勢制御などの運用を行うポジション(バス運用)と、高精度測位ミッションの運用を行うポジション(ミッション運用)が分かれていて、私は現在両方の運用を取りまとめるポジションで仕事をしています。まだまだ覚えることがたくさんあるので、GPS衛星のスペシャリストと呼ばれるような技術と知識を習得したいと思います。

  • Q

    就職活動中のみなさんへメッセージ

    A

    宇宙業界を目指す人もそうでない人も、自分のやりたい仕事を見つけて正面からぶつかって行ってください!ファイト!

平成27年12月9日現在