宇宙技術開発株式会社

社員の声

坂本 翔吾

所 属 衛星技術部 衛星管制グループ
名 前 坂本 翔吾(2012年度入社)
出身校 いわき海星高等学校 専攻科無線通信科

これまでの業務
2012年~現在 GOSAT衛星管制運用業務

  • Q

    どの様な学生生活を送られていましたか。一番力を入れたことはなんですか?

    A

    入学当初から、数多くの資格試験の勉強に明け暮れる日々を過ごしました。中でも無線技術士取得のための勉強に関しては、放課後や長期の休み、正月すら勉強という勉強づくしでした。共に勉強をする仲間がいたからこその現在があると感じています。

  • Q

    SEDを選んだ理由(ここが好き)を教えてください。

    A

    なにより小学生のころから宇宙関連の数多くの映画やアニメを通して宇宙が好きになり、将来は宇宙関連の仕事に尽きたいと強く志を持っていたことです。実際に衛星管制運用業務に就き宇宙を肌で感じることができているため毎日がとても充実しています。

  • Q

    20年ぶりに会う小学校の同級生に、自分の仕事を誇らかに説明するとしたらどう説明しますか。

    A

    宇宙という壮大なスケールを抱えているという自分の仕事は宇宙開発をするにあたっての要だということを熱く語りたいと思います。

  • Q

    仕事をしていて、今までで一番興奮した(嬉しかった)瞬間をお聞かせください。

    A

    衛星不具合が発生した際の緊急対応運用に立ち会えたことです。張り詰めた緊張感の中冷静に対応する姿は偉大なものでした。このときは指示を受け対応に励みましたが、今後は私が指示する側に回っても十分問題ないといわれるくらいの力をつけていきたいです。

  • Q

    失敗がその後につながった経験談があればお聞かせください。

    A

    自分の意見に自信を持てなかったがために失敗に繋がったケースがありました。次勤務帯にて指摘された時は悔しくて仕方ありませんでしたが、その思いを成功への近道に切り替え、金輪際そういった失敗を繰り返さないように心に誓いました。

  • Q

    仕事の大変なところといえばどのようなところですか。

    A

    大変な仕事はたくさんあります。ですが、私は仕事を大変とは思わないようにしています。業務は違っても大変なのは皆同じ、それを自分だけ大変と思ってしまった時点で心が負けちょっとしたミスなどが生まれていくのだと思っています。

  • Q

    仕事にやりがいを感じるときはどんなときですか。

    A

    自分が必要とされ、仕事を任されたときです。0から100までを自分でこなしたときの達成感は絶大な物であり、次へのやる気にも繋がります。

  • Q

    仕事をする上で大切にしていることはなんですか。

    A

    ほうれんそう(報・連・相)を大切にすることです。そのどれかが欠けていてもダメ、全てが完璧であること。何をするにも大事なことだと思います。

  • Q

    SEDのここが自慢というところをお聞かせください。

    A

    なにより宇宙開発を行う上で絶対的に必要不可欠な存在である、ということです。また、入社することで自分自身がその必要不可欠な存在の一員になれるところです!

  • Q

    学生時代に学んできた、体験したことで(特に宇宙には関係ないが、意外と)仕事に役立っていることはなんですか。

    A

    積極的に上司、先輩社員と交流を深めるということです。学生時代の恩師は口に出さずともそういったコミュニケーション能力が身につくよう指導してくれていたんだなあと会社に入ってから気づきました。

  • Q

    自分が成長していると感じた瞬間があればお聞かせください。

    A

    自立し何から何まで自分一人で行うことになりますが、欠勤・遅刻など一切許されない衛星管制官として最近は特に野菜を多く摂取するなど、健康面で食事・料理に気をつかっているので大いに成長していると思います。

  • Q

    職場はどのような雰囲気ですか。

    A

    上司、先輩社員が皆優しく、時には厳しく接していただき弊社に入社することができとても良かったと常日頃感じることができます。

  • Q

    入社前と入社後での会社の印象の違いがあれば、お聞かせください。

    A

    それほど印象の違いはなく風通しが良く理想の形でした。また、多くの先輩社員とも趣味が合うことが多く、休日や都合が合う日は、プライベートでよくお付き合いさせていただいております。

  • Q

    宇宙に関わる仕事について、周囲(家族・友人)の反応はいかがですか。

    A

    実家に帰省し両親とお酒を飲む際は必ず涙ながらに、この仕事に就けてよかったなという話になるため、私もいつも涙で目を曇らせています。

  • Q

    今までに(同僚やお客さんなどから)言われて一番うれしかった言葉。または、その時の心境などをお聞かせください。

    A

    以前と比べて顔つきが変わった、仕事に対する意欲、積極性が顔に出ているよと言われたことです。その言葉に恥じぬよう仕事に取り組んでいきたいと気合を入れなおした瞬間でした。

  • Q

    その他、宇宙に関連するエピソード(この業界を志望するきっかけになったことなど)があればお聞かせください。

    A

    アポロ13の映画を見たことで、宇宙と無線に興味を持ったことが始まりです。始まりはとても小さなものでしたがそこからの膨らみ方が尋常ではありませんでした。

  • Q

    「こんな新入社員と出会いたい」「こんな人と一緒に働きたい」といった学生へのメッセージをお願いします。

    A

    宇宙について熱く語り合える人にぜひ来てほしいです!

  • Q

    先輩から就職活動のアドバイスをお願いします。

    A

    これからの人生においての最大のターニングポイントです。ここでどれだけ踏ん張れるかが大きく左右すると思います。チャンスは待っていてもめぐってはきません。自分から動きチャンスをつかみ勝ち取ってください!

平成25年5月23日現在