宇宙技術開発株式会社

社員の声

永野 達也

所 属 宇宙システム技術部 先端技術開発グループ 筑波
名 前 永野 達也(2012年度入社)
出身校 茨城大学 理工学研究科 理学専攻

これまでの業務
2012年~現在 「みちびき」技術実証実験支援、長波電波伝搬予測計算プログラム開発

  • Q

    どの様な学生生活を送られていましたか。一番力を入れたことはなんですか?

    A

    研究室に配属されるまでは、サークル活動(テニス)に励んでいました。サークルで出会った友人は今でも交流があり、頑張っている姿を見る度よい刺激になっています。配属後はかなりの時間を研究室で過ごしました。研究分野があまりメジャーではなかったため、一般の方や学生向けに普及活動なども行いました。

  • Q

    SEDを選んだ理由(ここが好き)を教えてください。

    A

    就職活動時に複数の宇宙関係の会社から選ぶ際、どの部署でも宇宙開発に携わることができる点が一番魅力に感じました。また社員の方と話す機会があり、その際に仕事やプライベートを楽しく話している姿を見てSEDにしようと思いました。

  • Q

    20年ぶりに会う小学校の同級生に、自分の仕事を誇らかに説明するとしたらどう説明しますか。

    A

    小学生のころから宇宙に関わる仕事がしたいと思っていました。それが実現できたことを報告したいです。また、宇宙開発の重要性などを話したいと思います。私の話を聞いて、同級生のみんなにも宇宙について興味や関心を持ってもらえたらうれしいです。

  • Q

    仕事をしていて、今までで一番興奮した(嬉しかった)瞬間をお聞かせください。

    A

    「みちびき」業務の際に実際の衛星運用の現場に入る機会があり、コマンド指令やデータ受信などのモニタを見た時が興奮しました。その後、モニタ端末を自分が操作する経験もしました。緊張するとともに、SEDに入社したことで得られた経験が嬉しかったです。

  • Q

    失敗がその後につながった経験談があればお聞かせください。

    A

    私の勘違いによって作業が増加し、業務スケジュールが遅れてしまったことです。その経験から、打ち合わせなどでまとまったことをメモし、それを整理してこまめに報告することで認識したことを確認し、ずれを修正しています。

  • Q

    仕事の大変なところといえばどのようなところですか。

    A

    自分が触れてこなかった工学的な話が業務ででてくることです。どの業界でもそうだと思いますが、入社後も勉強が必要だと感じます。専門的な内容は調べるだけでなく、知っている方に積極的に質問して解決するようにしています。

  • Q

    仕事にやりがいを感じるときはどんなときですか。

    A

    自分が一から携わった業務が、無事終了した時です。業務中の苦労を思いだし、解決できたことに達成感を感じることがやりがいです。苦労したことが多いほど、達成感は大きくなり、また次の業務に繋がっていると思います。

  • Q

    仕事をする上で大切にしていることはなんですか。

    A

    依頼されたことだけではなく、なるべく自分なりの工夫を取り入れることです。そのために思いついた考えや方法を提案するようにしています。毎回できることではないのですが、工夫することを考えていると別の発見があることもあります。

  • Q

    SEDのここが自慢というところをお聞かせください。

    A

    ロケットの開発~衛星データの解析、販売まで、宇宙開発の全てに携わっていることです。先輩社員と話をしていると、いろいろな業務やミッションについての裏エピソードなど貴重な話を多く聞くこともできます。

  • Q

    学生時代に学んできた、体験したことで(特に宇宙には関係ないが、意外と)仕事に役立っていることはなんですか。

    A

    学生時代に教員免許を取得しましたが、そこで学んだ話す力が役に立っていると思います。仕事をする上で、お客様との打ち合わせなど相手の意見を聞き、自分の意見を話してまとめるといったスキルは大事だと感じます。

  • Q

    自分が成長していると感じた瞬間があればお聞かせください。

    A

    顧客先に1人で外出するようになった時です。説明や顧客からの質問などを全て行う必要があり、最初は「外出」とだけで緊張しましたが、それを1人で行うことができた時に感じました。

  • Q

    職場はどのような雰囲気ですか。

    A

    職場の雰囲気はいいです。先輩方が気さくに話し掛けてくださるので、いつも楽しく仕事ができます。業務中に分からないことがあれば親身に教えてもらえ、自分の意見をしっかりと発言できるなどコミュニケーションが活発だと思います。

  • Q

    入社前と入社後での会社の印象の違いがあれば、お聞かせください。

    A

    先輩社員の方からいろいろとお話を伺っていましたが、思っていた以上に明るい会社でした。休日には、先輩後輩や同僚と遊びに出かけるなど交流も多いです。

  • Q

    宇宙に関わる仕事について、周囲(家族・友人)の反応はいかがですか。

    A

    私が就職して以降、家族や友人が前にも増して宇宙に関心をもってくれるようになりました。よく難しいと思われるので、「どのような仕事をしているか」を簡潔に話すのに苦労します。

  • Q

    今までに(同僚やお客さんなどから)言われて一番うれしかった言葉。または、その時の心境などをお聞かせください。

    A

    顧客から機能追加が可能かを質問された際に、実現可能なプロセスと時間をすぐに答えることができ、「さすがSEDさんですね」と言っていただいたことが嬉しかったです。大部分を私1人が担当した業務だったこともあり不安でいっぱいでしたが、その言葉が自信になりました。

  • Q

    その他、宇宙に関連するエピソード(この業界を志望するきっかけになったことなど)があればお聞かせください。

    A

    小学生の時に親から宇宙についての本(子供向けの太陽系の大きさなどを紹介しているもの)をもらったことで、宇宙に興味を持つようになり宇宙の仕事がしたいと思うようになりました。私の人生を決定した本なので、今でも大事に保管しています。

  • Q

    「こんな新入社員と出会いたい」「こんな人と一緒に働きたい」といった学生へのメッセージをお願いします。

    A

    明るいムードメーカのような人と仕事をすると楽しいので、そのような方と働きたいです。また、宇宙に興味がある、宇宙についてこれから知っていきたいと考えている意欲のある方が新入社員だとうれしいです。お待ちしております。

  • Q

    先輩から就職活動のアドバイスをお願いします。

    A

    いろいろな業界・会社の説明会や交流会に行くことをお勧めします。業界によって特有の制度や文化があり、それが自分に合うのかを考えることも大事だと思います。就活本などのテンプレートな考え、文章は面接官にすぐ見抜かれます。

平成25年5月23日現在