宇宙技術開発株式会社

  1. ホーム
  2. 発表論文
  3. 発表論文 2005年度
ロケット、衛星、情報通信、宇宙ステーション、射場まで。システム開発も含めた運用のエキスパート。

発表論文 2005年度

2005年度(2005年4月~2006年3月)発表論文

弊社社員が筆頭で提出した論文

タイトル 学会/論文誌名 弊社著者名 発表月
フィールド学習支援システムへの高解像度衛星データ利用に関わる一提案 日本リモートセンシング学会
第39回学術講演会
伊東 明彦
(他大学共著)
11月
可視域および熱赤外域データを使用したダストインデックス 日本リモートセンシング学会
第39回学術講演会
伊東 明彦 / 宮本 潤
(他機関共著)
11月
従属隣接ビームをもつフェーズドアレーアンテナの提案 電子情報通信学会 2005
ソサエティ大会
長谷川 巧
(他機関共著)
9月
遠隔協働学習における衛星データを使用した環境授業 日本リモートセンシング学会
第38回学術講演会
伊東 明彦 / 岡橋 優子
(他大学等共著)
5月
ASTERデータを用いた斜面崩壊危険箇所の評価 その1 ASTERデータから作成する主題図とその可能性 日本リモートセンシング学会
第38回学術講演会
伊東 明彦 / 宮本 潤
(他機関・企業共著)
5月

弊社社員が他機関の方と共著させて頂いた論文

タイトル 学会/論文誌名 弊社著者名 発表月
Beam Pointing Error of Wideband Phased Array Antennas with Reduced True-Time-Delay Devices GLOBECOM2005(IEEE Global Telecommunications Conference) 長谷川 巧
(他機関共著)
11月
実時間遅延器数の削減により生じる広帯域フェーズドアレーアンテナのビーム指向誤差とその補正法 電子情報通信学会 和文論文B
Vol.J88-B No.9
長谷川 巧
(他機関共著)
9月
フェーズドアレーアンテナのサブアレー化により発生するグレーティングローブの一抑圧法 電子情報通信学会 2005
ソサエティ大会
長谷川 巧
(他機関共著)
9月
ASTERデータを用いた斜面崩壊危険箇所の評価 その2 地盤工学的手法を用いた斜面安定度評価 日本リモートセンシング学会
第38回学術講演会
伊東 明彦 / 宮本 潤
(他機関・企業共著)
5月
Beam Pointing Errors of Wideband Phased Array Antennas with Reduced True-Time-Delay Devices IEEE ICC 2005 in Seoul(International Conference on Communications) 長谷川 巧
(他機関共著)
5月