宇宙技術開発株式会社

2018年度「Quick活動」品質向上のための取り組み

SEDは、品質を底上げする取り組みのひとつとして、2001年度より、Quick(クイック: Quality Improvement Concern Keeping project)という活動に取り組んでいます。「Quick活動」は、「問題発見、素早い行動、素早いリターン」を目指した社内の取り組みです。2018年度で、18回目の取り組みとなります。

2018年度 第18回Quick活動 成果報告概要

今年度の活動では、「業務の効率化」、「チーム内/外の情報共有」、「職場環境改善」、「健康対策」等、多彩なテーマが取り上げられました。社員自らが高い意識をもって活動に臨んでいる様子が感じられます。

2018年度 第18回Quick活動の成果発表会実施日時

2019年6月20日(木)10:00~17:00(19テーマ発表及び総評)
2019年6月21日(金)10:00~17:20(19テーマ発表及び総評)

2018年度 第18回Quick活動事例(骨子の一部を紹介)

  • 電子化による効率アップを目指して
  • 地震に備えて
  • 目のトラブル解消で快適なワークライフを
  • 効率的、効果的な情報共有方法の検討と試験的実施

<2018年度は全38テーマ>

集合写真
事務局記念写真、発表会の様子

2018年度 第18回Quick活動成果表彰

Quickの発表は、「内容」「発表」の点から、参加社員が採点するという評価方式をとっています。上位の受賞者は高得点順で下記に決定いたしました。なお、2019年8月29日に行われた授賞式の記念写真を紹介しています。
最優秀賞の「宇宙飛行士訓練のノウハウを活用した衛星データ処理運用要員の育成」は、システマティックに考えを進める方式に着目した即戦力の構築を題材としたものです。どんな場面でも役立つことが非常に良い評価につながりました。

左右にスクロールしてご覧ください。

順位
「チーム名」
活動テーマ
最優秀賞
「故に我らあり」
宇宙飛行士訓練のノウハウを活用した衛星データ処理運用要員の育成
優秀賞
「天使の誘惑」
略語・用語集のユーザ辞書化
優秀賞
「中野五丁目」
・・・一息つきませんか?
事務局賞
「AI am 先端」
議事録作成AIへの第一歩
表彰式 集合写真

2019年9月19日記