1. ホーム
  2. 2015年度「Quickクイック」品質向上のための取り組み

 Quick活動とは

SEDは、品質を底上げする取り組みのひとつとして、2001年度より、Quick(クイックQuality Improvement Concern Keeping project)という活動に取り組んでいます。「Quick活動」は、「問題発見、素早い行動、素早いリターン」を目指した社内の取り組みです。2015年度で、15回目の取り組みとなります。

2015年度成果報告概要

今年の発表会では、業務効率化のためのノウハウ共有、メール誤送信等のヒューマンエラー対策、日々のリフレッシュ方法、健康管理について等のテーマが見受けられました。

発表会の様子
◆2015年度第15回Quick活動の
成果発表会実施日時
2016年7月7日(木)10:00~17:25
(21テーマ発表及び総評)
2016年7月8日(金)10:00~17:15
(21テーマ発表及び総評)
◆2015年度Quick活動事例
(ほんの一部ですが骨子を紹介)
  • 業務におけるノウハウ継承
  • 品質マネジメントシステムの新規格への円滑な移行
  • 2名体制による作業の改善
  • 実験管制における問答集アプリの構築
  • 業務効率化のための健康管理
  • メール誤送信防止方法の検討
 <2015年度は全42テーマ>
事務局

2015年度成果表彰

2日間の発表は、参加者により発表と内容の2面から評価・採点されました。授賞式は2016年7月22日(金)に実施されました。

2015年度の最優秀賞は、「英語で電話をかける」のチームいぶきに決定。必要事項を英語で伝える時、慌てないで済むように、メールだけに頼らず例文を演習!現場の心意気を感じさせてくれます。

  • 最優秀賞
    「チームいぶき」 英語で電話をかける
  • 優秀賞
    「HOPE」 情報の発信と収集
  • 「ミスタさん」 衛星管制運用者の震災時における意識改善
  • 事務局賞
    「カッキ―くん漁業組合」 あなたの業務見直しませんか

表彰

2016年7月25日記


TOP