宇宙技術開発株式会社

  1. ホーム
  2. 「SPACE EXPO 2014」
宇宙博 ガイド

宇宙博2014(SPACE EXPO)開催見どころは?

←宇宙博みどころ(1/2)へ       「実機を見る」へ→  

↓下記は2014年7月29日掲載記事ですのでイベントは終了しています。

国立天文台の望遠鏡の縮小サイズの精巧な模型や、ペンシルロケットから始まるJAXAのロケットシリーズの紹介、様々な地球観測や通信、測位衛星などの本当に多くのものが勢ぞろいしています。大画面の8Kスーパーハイビジョンシアターも圧巻です。このページで紹介できたのがほんの一部であることをお詫びします。

宇宙博2014(SPACE EXPO)公式サイトへ 
開催日 2014年7月19日(土)~9月23日(祝)
開催場所 幕張メッセ国際展示場10/11ホール

3.古(いにしえ)の宝物

米国が月に宇宙飛行士を送り込み、帰還させる壮大な計画アポロミッション。パラシュートはアポロ17号の帰還時に使用された実物。アポロ宇宙船のカプセルとハッチは実物大モデル。
手前のシャトルはミニサイズのモデルです。
いろいろなものが沢山で紹介しきれないほどです。

実物大のシャトルのコックピット部分のモデルがあり、操縦席やその下のフロアがどうなっているか詳細にわかります。例えば、操縦席に座るとこんな視界になります。
※操縦席に座ることはできません。

4.果敢な挑戦と未来

知っていますか?2012年夏に、気球を使って高度38,969mから音速を超えたフリーフォールが行われたことを。この世界記録達成時に使われた「レッド・ブル」カプセルとフェリックス・バウムガートナー氏が着用した本物の与圧スーツが見られます。 宇宙博には、この他、現在使われている船外宇宙服や過去に使われた歴史的な宇宙服なども多数展示されています。

 

まいどお馴染みキュリオシティ(Curiosity)です。キュリオシティは、2011年11月に打ち上げられたマーズ・サイエンス・ラボラトリの着陸ローバーの名称。それまでの探査ローバーの中で最も大型のものです。サンプルを取得・解析する部分や全体のカメラの位置など細部を確認するのも一興です。こちらも実物大サイズ。間近で見られます。

「右上はJAXA(宇宙科学研究所)が開発中の垂直離着陸型の再使用ロケット試験機(RVT)。
»再使用宇宙輸送システム(JAXAサイト)

米国の宇宙開発は商業宇宙開発にシフトし、最初のスタートを切ったのがスペースX社。スペースX社無人商用補給機ドラゴンや、オービタルサイエンス社シグナスはすでに活躍を始めています。両社の有人機開発も進んでいますが、これはシエラ・ネバタ社の有翼機ドリーム・チェイサーの縮小模型。有人対応型のアトラスVロケットを使って打ち上げられる予定です。実機実現が待たれます。

 

5.おみやげも楽しい

2014年7月29日記

←宇宙博みどころ(1/2)へ       「実機を見る」へ→