宇宙技術開発株式会社

  1. ホーム
  2. 2012年度「Quickクイック」品質向上のための取り組み
ロケット、衛星、情報通信、宇宙ステーション、射場まで。システム開発も含めた運用のエキスパート。

2012年度「Quickクイック」品質向上のための取り組み

 Quick活動とは

SEDは、品質を底上げする取り組みのひとつとして、2001年度より、Quick(クイックQuality Concern Improvement Keeping project)という活動に取り組んでいます。 「Quick活動」は、「問題発見、素早い行動、素早いリターン」を目指した社内の画期的な取り組みです。

QUICK活動成果発会は弊社の運用ミスゼロ化活動から数えて、今回で12回を数えます。 QUICK活動は初回の活動より、弊社役員、社内各部署の理解・協力を得て、徐々に活動範囲を拡大して参りました。 結果として、平成22年度の第10回QUICK活動に於いて全社活動に成長を遂げています。 10年を超える歴史ある活動である一方、全社活動となってからはまだ3年の活動であり、これからさらに本領が発揮できるものと期待しています。

 2012年度成果報告概要

今回の発表会でも、平成23年3月11日の東日本大震災より防災に関する活動のテーマが散見されており、今回の発表会においても防災に関する社員の意識が高くなっています。
また、備品、資料、書籍、データ等の管理手法検討に関する活動も多く発表されていた他、追跡管制業務等における不規則勤務ならではの最適な勤務スケジュール作成に関する分析調査結果の発表、作業場所の温度環境に着目したグッズを用いた温度対策等も目を引く発表でした。
「継続は力なり」という言葉はよく引用されますが、第1回から今回第12回までのQUICK活動実績である全423件の改善活動が、現在のSEDを支えていると実感できる発表会となりました。

◆2012年度第12回Quick活動の
成果発表会実施日時
2013年5月30日(木)10:00~17:20
(21テーマ発表及び総評)
2013年5月31日(金)10:00~17:15
(21テーマ発表及び総評)
◆2012年度Quick活動事例
(ほんの一部ですが骨子を紹介)
  • 進捗管理、管理業務、作業効率化検討、申請書電子化の検討
  • 新規スマフォアプリ提案
  • 作業平準化、業務における問答集作成
  • ソフトウェア有効活用
  • 管理ルール、保管ルール化
  • 情報共有化
 <2012年度は全42テーマ>

 2013年度成果表彰

表彰式は、平成25年7月19日(金)筑波事業所にて執り行いました。

順位
「グループ名」
発表テーマ 発表概要
優勝
「いがぐり!」
「業務効率向上」 専門用語が多い宇宙開発業務において、辞書ツール用の単語帳を作成し、文書作成時の変換ミスの低減、変換時間の短縮を図りました。
作成した単語帳を小集団内、ひいては部署外で使用してもらい、アンケートを実施する予定です。
準優勝
「カッキーくん漁業組合」
「リスク管理の強化 ~PART.2~」 昨年度に引き続き、東日本大震災の経験から、災害時の対応および現状のリスク対策について見直しを行い、リスク管理を強化しました。
具体的には防災用品の適正な配置、大規模地震を想定した訓練の実施、構内車輌通行の危 険予知対策、化学物質使用に伴う環境事故対策を実施しました。
第三位
「天使の誘惑」
「職場での快適な過ごし方~快適職場推進計画~」 職場の温度環境調査を実施し、空調のみの温度管理では個人の不満に対応しきれないことを明らかにしました。
また、温度環境に個人対応できる便利グッズを紹介し、個人レベルでの解決策を導きました。
事務局賞
「J-TMIS」
「緊急時における行動の最適化」 煩雑な不具合対応手順を整理し、対応の時間短縮、対応にかかる負担軽減を図りました。 具体的には不具合対応詳細手順を一つ一つ分割してカード化しました。カード化した手順を複数の要員がそれぞれ実施することで作業を分担して実施でき、負担を軽減することが できました。

表彰結果

2013年8月6日記