宇宙技術開発株式会社

観測ロケットS-520-RD1による超音速燃焼飛行試験の実施

公開日 2022.05.26|最終更新 2022.07.25

2022年7月24日(日)に、「極超音速飛行に向けた、流体・燃焼の基盤的研究」の一環として、観測ロケットS-520-RD1が内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられました。

ロケットは正常に飛翔し、内之浦南東海上に落下しました。

左右にスクロールしてご覧ください。

ロケット機種・号機 打上げ時刻
(日本標準時)
発射上下角 最高到達高度 着水時刻
S-520-RD1 5時00分00秒 78.0度168km(打上げ206秒後) 打上げ412秒後
<実験概要>

本実験は、空気吸い込みエンジンの地上での風洞試験結果を補正して、実飛行状態における特性を予測する為に、空力加熱と超音速燃焼に関するデータの取得を行うものです。

source : JAXA(7/24), JAXA(7/13), JAXA(5/20)


    関連リンク

    SEDの関連記事