宇宙技術開発株式会社

スペースX社はライドシェアミッションで105の衛星等を打ち上げ

公開日 2022.01.17|最終更新 2022.02.02

日本時間2022年1月14日(金)午前0時25分に、105機の衛星等を搭載したライドシェアミッション トランスポーター3(Transporter-3)が、ファルコン9ロケットで打ち上げられました。打ち上げ後59分38秒から順に、小型衛星などが分離され、打ち上げは成功しました。第一段のブースターは、打ち上げ後8分30秒で無事地上回収地点に回収できました。

今回使われた第一段のブースターは、スペースX社初の有人飛行(Demo-2)、通信衛星ANASIS-II、CRS-21、Transporter-1、スターリンク衛星(5回)の打ち上げにも使われており、今回で10回目の飛行となります(10回はコスト換算の上の耐久性として再使用目標の回数)。

搭載された105機の衛星とディスペンサー等は以下の通りです。

  • ION SCV-004:イタリアのD-Orbit社の小型衛星キャリア (D-Orbit社Twitter)

  • Alba Cluster 3, 4:イギリスのAlba Orbital社のポケットキューブサットのディスペンサー (Alba Orbital社)

  • Capella 7, 8:米国Capella Space社の地球観測衛星で小型SAR

  • ICEYE(2機):ICEYE社の商用小型レーダー地球観測(SAR)衛星。コンステレーション衛星のうち2機。

  • Sich 2-30:ウクライナの低軌道地球観測衛星(光学)

  • UMBRA-02:Umbra Space社の低軌道地球観測衛星SAR。スポットライトモードでの観測幅4km、地上分解能0.25-2m。

  • BRO-5:UnseenLabs社の衛星

  • Dodona(La Jument):米国の技術試験衛星

  • DEWASAT-1:アラブ首長国連邦の技術試験衛星

  • ETV-A1:Sen社の地上約1.5mまで見ることができる最高解像度カメラによる8K映像を含む超高精細(UHD)映像の録画およびライブストリーミングを行う。

  • Flock 4(44機):米国プラネット社のキューブサット。Doveとも呼ばれ多数のコンステレーションをもつ光学の地球観測衛星。

  • Gossamer-Piccolomini:米国の技術試験衛星

  • HYPSO-1:ノルウェーの地球観測衛星

  • IRIS-A:台湾の技術試験衛星

  • Kepler(4機):カナダのトロント大学などが手掛ける低軌道通信コンステレーション衛星シリーズ (Kepler Communications社)

  • LabSat:ポーランドの技術試験衛星

  • Lemur-2(2機):米国Spire Global社の商用気象観測衛星

  • Lemur-2-Djirang:米国Spire Global社の地球観測衛星

  • Lemur-2-Miriwari:米国Spire Global社の地球観測衛星

  • MDASat-1(3機):南アフリカ共和国のAIS追跡用衛星

  • NuX-1:シンガポールのIoT衛星

  • OroraTech 1:ドイツの自然火災検出衛星

  • STORK-1, 2:ポーランドのSatRevolution社の地球観測衛星

  • SW1FT:ポーランドのSatRevolution社の地球観測衛星

  • Tevel(8機):イスラエルのアマチュア無線用衛星

  • VZLUSat-2:チェコ共和国の技術試験衛星

  • FOSSA PocketPOD(2機):スペインのポケットキューブ衛星用のディスペンサー

  • Challenger:地球観測用のキューブサット

  • CShark Pilot-1 (FossaSat-2E3):イタリアのIoT衛星

  • Delfi-PQ:オランダの技術試験衛星

  • EASAT-2:スペインのアマチュア無線用衛星

  • FOSSASAT-2E5, 2E6:スペインのIoT衛星

  • Grizu-263a:トルコの教育用衛星

  • HADES:スペインのアマチュア無線用衛星

  • LAIKA (FOSSASAT-2E4, FOSSASAT-2B):スウェーデンの技術試験衛星

  • MDQube-SAT1:アルゼンチンの技術試験衛星

  • PION-BR1:ブラジルの技術試験衛星

  • SanoSat-1:ネパールのアマチュア無線用衛星

  • SATTLA-2A, 2B:イスラエルの教育衛星

  • Tartan-Artibeus-1 (Unicorn-2TA1):米国の技術試験衛星

  • Unicorn 1:ドイツのAlba Orbital社の惑星通信用技術試験衛星

  • Unicorn 2A, 2D, 2E:ドイツのAlba Orbital社の地球観測衛星

  • WISeSAT-1 (FossaSat-2E2), WISeSAT-2 (FossaSat-2E1):スイスのIoT衛星

こうしたライドシェアミッションは、いくつかの小型衛星搭載をとりまとめる会社によって、ファルコン9への搭載をコーディネートされています。スペースX社にはライドシェアの予約などを検討するためのWEBページが用意されており、太陽同期軌道に200kgのペイロード打ち上げのフライト料金は約1億円ほどの換算となっています。

source : スペースX社


    関連リンク

    SEDの関連記事