宇宙技術開発株式会社

無人補給機プログレスが順調に国際宇宙ステーションへ2500kgの補給を実施

最終更新 2020.04.27

日本時間2020年4月25日(土)午前10時51分41秒に、国際宇宙ステーション(ISS)無人補給機プログレスMS-14(75P) を搭載したソユーズ2.1aロケットが、バイコヌール宇宙基地から打ち上げられました。打ち上げは順調に進み、プログレスはISSに向かいました。その後、同日午後2時12分に、ロシアのサービスモジュール「ズヴェズダ(Zvezda)」にドッキングしました。

プログレスMS-14(75P) の、ISSからの放出は今年12月の予定で、それまでの約7か月はドッキングしたままになります。今回ISSに運ばれた搭載貨物は2,500kgで、内訳は650kgの燃料、46kgの酸素、420kgの水、1,350kgの実験装置備品やクルーの備品などです。

source : ROSCOSMOS


    関連リンク

    SEDの関連記事