宇宙技術開発株式会社

スペースX社のクルードラゴン打ち上げは5月中旬以降

最終更新 2020.03.19

スペースX社のクルードラゴンの打ち上げが5月に迫っています。昨年3月2日(土)に、スペースX社有人型ドラゴンの無人機がファルコン9ロケットで打ち上げ、国際宇宙ステーション(ISS)への飛行・ドッキングを成功、その後の帰還を無事にこなし、早1年が過ぎました。

有人ミッションに必要な安全性を確保するため、いくつかの試験を追加でこなし、いよいよスペースX社 有人型ドラゴン デモミッション2 (SpX-DM2)が、ケネディ宇宙センターの39A発射場から飛び立つ予定です。搭乗する宇宙飛行士はボブ・ベンケン(Robert L. Behnken)氏、ダグ・ハーレー(Doug Hurley)氏の2名です。スペースX社からも打ち上げは5月中旬以降との発表が行われました。

3月19日に、打上げ取材を行うメディアの入構申請の受付を始めたことがアナウンスされています。また、コロナウィルス対策の影響について随時NASAホームページで更新されています。

source : NASA


    関連リンク

    SEDの関連記事