宇宙技術開発株式会社

観測ロケットの打ち上げ

最終更新 2020.01.14

日本時間2020年1月9日(木)午後5時に、国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の観測ロケットS-310-45号機は、内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられました。

今回の打ち上げは、「高精度ペイロード部姿勢制御技術(慣性プラットフォーム)」と「ロケットから離れた位置のその場観測技術(小型プローブバス技術)」の実証実験を目的としています。最高到達高度は131km(打上げ178秒後)、着水時刻は打ち上げ352秒後でした。

ロケットは正常に飛翔し、内之浦南東海上に落下しました。打上げ時の天候は晴れ、南西の風2.0m/秒、気温12.9℃でした。

source : JAXA


    関連リンク

    SEDの関連記事