宇宙技術開発株式会社

エジプトの通信衛星TIBA-1とインマルサット衛星がアリアン5により打ち上げ

最終更新 2019.11.27

日本時間2019年11月27日(水)午前6時23分インマルサット5 F5(Inmarsat-5 F5、または Inmarsat GX5)とエジプトの通信衛星TIBA-1を搭載したアリアン5ロケットが、仏領ギアナ基地より打ち上げられました。打ち上げは23日から、2回延期があったものの、打ち上げ後のシーケンスは順調に推移し、打ち上げは成功しました。今回の打ち上げは、1979年12月24日のアリアンシリーズの最初の打ち上げから、250回目のミッションとなりました。

インマルサット5 F5は、インマルサット社のモバイル通信事業のためにタレス・アレーニア・スペース社が製造した衛星。中東と欧州、インドに亘るサービスを実施する予定です。ハイスループット性能を備えるGlobal Xpress(GX)の5機目で、急増する欧州と中東のインターネットサービス需要にこたえるためのものです。

TIBA-1はエジプト政府の通信衛星で、アリアンスペース社がエジプトから衛星の打ち上げを請け負ったのは4回目となります。

source : アリアンスペース社


    関連リンク

    SEDの関連記事