宇宙技術開発株式会社

「はやぶさ2」の「ローバ2」分離成功

最終更新 2019.10.03

2019年9月28日(土)から10月3日(木)にかけて、小惑星探査機「はやぶさ2」のMINERVA-II2(ローバ2)(大学コンソーシアム開発)の分離運用が行われました。「はやぶさ2」は、9月28日よりリュウグウへ向け低速で降下が開始され、ローバ2は高高度(約1km)で分離されました。

10月3日午前0時57分に無事「ローバ2」が切り離されたことが確認されました。また切り離し後の「ローバ2」画像について、公開されました。

「ローバ2」では切り離し後の「MINERVA-II2(ローバ2)周回運用」が行われる予定です。はやぶさ2は分離後に高度8~10kmへ上昇しホバリングを行いながら、分離後の「ローバ2」を光学観測にて可能な限り追跡します。「ローバ2」は、10月8日頃までに、リュウグウに到達する予定です。

source : 「ローバ2」分離確認(JAXAはやぶさ2twitter) 「ローバ2」分離画像(JAXAはやぶさ2twitter)


    関連リンク

    SEDの関連記事