宇宙技術開発株式会社

「はやぶさ2」は「ターゲットマーカ分離運用」を実施

公開日 2019.09.18|最終更新 2019.09.19

2019年9月12日(木)~17日(火)に、小惑星探査機「はやぶさ2」のターゲットマーカ分離運用(TM-ORB)が行われました。その後「ターゲットマーカ周回観測運用」が行われます。今回のターゲットマーカ分離運用は、10月に予定しているMINERVA-II2 ローバ2(大学コンソーシアム開発)の分離運用のリハーサルとして行われたもので、先の9月5日実施時には、途中の不具合で延期されていました。

source : JAXA

2個のターゲットマーカ(TM-EとTM-C)が、今回は分離されました。1個目となるものが、日本時間9月17日(火)午前1時17分に、2個目が同日午前1時24分に、分離実施されました。地表高度1kmから秒速11cmで上昇中の「はやぶさ2」のカメラがとらえた、ターゲットマーカの画像が公開されています。4秒毎1分間に亘るタイムラプス画像ですので、ターゲットマーカが急速に落下しているように見えますが、ターゲットマーカの速度はまだほぼ0の状態の映像です。ターゲットマーカはこの後、9月23日(金)頃まで時間をかけて落下していきます。「ターゲットマーカ周回運用」でリュウグウを周回・降下していくターゲットマーカの観測が行われる予定ということです。

source : 9月17日1個目下降画像(JAXAはやぶさ2 Twitter), 9月17日2個目下降画像(JAXAはやぶさ2 Twitter) 

ターゲットマーカ分離前の「はやぶさ2」降下時には、リアルタイム配信も行われ、だんだんとリュウグウ表面が近づく様子が配信されました。(9月12日(木)午前3時53分画像から9月16日(水)午後2時53分の画像まで)また、ターゲットマーカを分離し、上昇中のリュウグウ撮影データもツイッターで公開されています。

source : ターゲットマーカ分離運用リアルタイム配信(JAXA) 上昇中画像(JAXAはやぶさ2 Twitter)

なお、9月24日(火)11時~12時まで、「はやぶさ2」の記者説明会が実施されます。ライブ配信が予定されており、ターゲットマーカ分離運用、MINERVA-II2分離運用について説明が行われます。

source : 9月24日記者説明会(JAXA)


    関連リンク

    SEDの関連記事