宇宙技術開発株式会社

「はやぶさ2」の5日実施予定の「ターゲットマーカ分離運用」が延期に

最終更新 2019.09.04

小惑星探査機「はやぶさ2」の、9月5日(木)に実施する予定だった「ターゲットマーカ分離運用」が、延期されました。

リアクションホイール4個のうちひとつの動作試験を8月29日に実施した時に、異常値を検出したため、「はやぶさ2」が自律的にセーフホールド状態に移行したことによるものです。

通常使用している3つのリアクションホイールには問題なく、セーフホールド状態への移行は、バックアップの試験時の正常動作です。しかし、セーフホールドとなったことから、ホームポジションから離れてしまい、戻す作業に少し時間が必要なため、「ターゲットマーカ分離運用」は延期し、日程調整を行うこととなりました。異常値検出の原因などについては、調査中とのことです。

source : JAXA


    関連リンク

    SEDの関連記事