宇宙技術開発株式会社

アリアン5によるEDRS-Cとインテルサット39の打ち上げ成功

公開日 2019.08.08|最終更新 2019.08.19

日本時間2019年8月7日(水)午前4時30分、ヨーロッパの光通信データ中継衛星EDRS-Cと、インテルサット39(Intelsat 39)通信衛星を搭載したアリアン5ロケットが、仏領ギアナ基地から打ち上げられました。

EDRS(European Data Relay System)-Cは、2016年1月に打ち上げられたEDRS-Aに次いで2機目となるヨーロッパの光通信データ中継衛星で、低軌道を周回する地球観測衛星等の観測データを最大1.8 Gbit/sの光通信で地上局に中継する静止衛星です。この衛星にはAvanti Communications社の通信ペイロードHYLAS 3も相乗りで搭載されました。

source : アリアンスペース社, ESA


    関連リンク

    SEDの関連記事