宇宙技術開発株式会社

2回目のタッチダウン判断を待つはやぶさ2

最終更新 2019.06.14

小惑星リュウグウに到着した日本の小惑星探査機「はやぶさ2」は、2回目のタッチダウンとサンプル回収の準備段階として、6月11日~13日に低高度降下観測運用(PPTD-TM1B)を実施しました。今回の運用の最低高度は、速報値で9mとのことです。

事前に11日に、「はやぶさ2」の近況と低高度降下観測運用(PPTD-TM1B)に関し、記者説明会が行われました。

肝心の2回目のタッチダウンが6月末となるかの最終的な説明が期待されるのは、6月25日の記者会見ということになりそうです。

source : 6月11日記者会見記事(JAXA), PPTD-TM1B運用(JAXA「はやぶさ2」Twitter)


    関連リンク

    SEDの関連記事