宇宙技術開発株式会社

スペースXドラゴン17号機無事到着

最終更新 2019.05.08

日本時間2019年5月4日(土)午後3時48分に、スペースX社商用補給機ドラゴン17号機(Space X CRS-17 (SpX-17)/Dragon)が、ファルコン9ロケットによりケープカナベラル空軍基地から打ち上げられました。打ち上げは順調に進み、第一段ロケットは予定通り打ち上げから約8分27秒後に大西洋上のドローンシップに着陸しました。

また、ドラゴン17号機は6日(月)午後8時1分に、カナダのダビッド・サン・ジャック飛行士と米国のニック・ヘイグ飛行士がロボットアームを使って捕捉し、同日午後10時32分に国際宇宙ステーションに結合されました。

ドラゴン17号機は2,482kgの貨物を積載しています。NASAの二酸化炭素観測センサを載せたOCO-3(Orbiting Carbon Observatory-3)や、将来の生命維持システムとして二酸化炭素を吸収して酸素を発生する藻類を使う実証試験フォトバイオリアクターなどが含まれます。

source : NASA, スペースX社


    関連リンク

    SEDの関連記事