宇宙技術開発株式会社

はやぶさ2の3論文がサイエンス誌に掲載

最終更新 2019.04.22

小惑星探査機「はやぶさ2」のリモートセンシング機器のデータから、小惑星リュウグウの詳しい調査が進められてきましたが、最初の結果をまとめた下記3編の論文が、科学雑誌サイエンス誌に、2019年3月19日(日本時間では3月20日)にオンライン掲載されました。

  • S. Watanabe et al. 2019, "Hayabusa2 arrives at the carbonaceous asteroid 162173 Ryugu — a spinning-top-shaped rubble pile", Science, 19 March, 2019
    和訳:「はやぶさ2」が到着した炭素質小惑星162173リュウグウ―コマ型ラブルパイル
    論文:DOI: 10.1126/science.aav8032

  • K. Kitazato et al. 2019, "The surface composition of asteroid 162173 Ryugu from Hayabusa2 near-infrared spectroscopy", Science, 19 March, 2019
    和訳:「はやぶさ2」の近赤外分光観測による小惑星リュウグウの表面組成
    論文:DOI: 10.1126/science.aav7432

  • S. Sugita et al. 2019, "The geomorphology, color, and thermal properties of Ryugu: Implications for parent-body processes", Science, 19 March, 2019
    和訳:リュウグウの表面地形、多色画像、熱物性から探る母天体の進化
    論文:DOI: 10.1126/science.aaw0422

JAXA記事プロジェクト源泉記事を是非ご一読ください。論文提出の舞台裏の攻防と科学者の互いの在り方そして熱意が感じられます。

source : サイエンス誌に論文が掲載されました(JAXA)


    関連リンク