宇宙技術開発株式会社

中国はデータ中継衛星の打ち上げ成功

最終更新 2019.04.02

日本時間2019年4月1日(月)午前0時51分に、中国のデータ中継通信衛星天鏈二号01星(Tianlian 2)が、長征3Bロケットで四川省 西昌衛星発射センターから打ち上げられました。発表によれば、打ち上げは順調に推移し静止遷移軌道へと投入され成功しました。

第一世代の天鏈一号は、2008年以降、4機が打ち上げられています。第二世代となる天鏈二号は、低軌道の宇宙機の中継のための衛星で、主に有人の中国の宇宙ステーションや観測ミッションの通信中継を行い、中低軌道のリモートセンシングや測位、気象衛星のためのデータ中継も行う予定ということです。


    SEDの関連記事