宇宙技術開発株式会社

エレクトロンロケットによるR3D2の打ち上げ実施

公開日 2019.03.29|最終更新 2019.04.01

日本時間2019年3月29日(金)午前8時23分に、米国のR3D2 (Radio Frequency Risk Reduction Deployment Demonstration)を搭載した、エレクトロンロケットがニュージーランドマヒア(Mahia)半島より打ち上げられました。打ち上げは順調に進み、打ち上げから約9分後には、第2段ロケットがキックステージと切り離されたことが確認されました。米メディアによれば、ロケットラボ社が米政府から受注を受けたR3D2衛星には、小型衛星の無線通信環境を改善するための展開型薄膜アンテナが搭載されているとのことです。

source : ROCKET LAB社Twitter


    関連リンク

    SEDの関連記事