宇宙技術開発株式会社

「はやぶさ2」は4月5日にクレーター生成に挑戦!

最終更新 2019.03.19

2019年3月18日(月)午後3時~4時20分に「はやぶさ2」の記者説明会が実施されました。今回は2回目のタッチダウン運用にあたって、リュウグウ表面にクレーターを生成する衝突装置(SCI: Small Carry-on Impactor)運用の詳細な説明となりました。

クレーター生成場所に対する事前の探索運用は、3月21日(木)から22日(金)にかけて実施され、一度上昇しホームポジション(地表20km)に復帰します。クレーター生成のためのSCI運用は4月4日(木)から6日(土)の期間で、4月5日(金)にクレーター生成が行われる予定です。

クレーター生成では、大小の噴出ダストが発生すると予想されるため、「はやぶさ2」もダストとの衝突を避ける運用を実施します。その後、いよいよ内部構造に迫るサンプルの採取である2回目のタッチダウンを目指します。

source : 3月18日記者説明会(JAXA)


    関連リンク

    SEDの関連記事