宇宙技術開発株式会社

スペースX社今年最後の打上げでGPS 3初号機を打上げ

最終更新 2018.12.26

日本時間2018年12月22日(土)午後10時51分に、米国の航法測位衛星のGPS 3-01を搭載したファルコン9ロケットが、ケープカナベラル空軍基地から打ち上げられました。打ち上げは順調に推移し、打ち上げから約1時間56分後に、予定されていた軌道に投入されました。

今回は第一段ともに使い捨てを前提としており、ロケットの回収作業は行われませんでした。GPS 3には、4つ目の民間用のLバンド信号L1Cが追加されました。ヨーロッパのガリレオ(Galileo)、中国の北斗(Beidou)、日本のみちびき(QZSS)の衛星シリーズが提供するのと同じ信号で、この追加で位置精度が向上できるようになります。スペースX社(SpaceX)の2018年の打ち上げはこれが最後であり、今年は計21機を打ち上げました。(昨年は18機打ち上げ)

source : スペースX社


    関連リンク

    SEDの関連記事