宇宙技術開発株式会社

ブルー・オリジン弾道飛行実験の実施

公開日 2018.12.18|最終更新 2019.01.24

米ブルー・オリジン社(Blue Origin, LLC)のニューシェパード(New Shepard)は、NASAが支援する弾道飛行実験の9個のペイロード(下記リスト参照)を搭載して、日本時間2019年1月24日(木)午前0時5分に打ち上げを実施しました。なお、打ち上げは日本時間2018年12月18日(火)午後11時30分頃に予定されていましたが、同17日に2019年初頭に延期されていました。

source : NASA, 延期情報(ブルー・オリジン社Twitter), 延期情報(ブルー・オリジン社)

  • Collection of Regolith Experiment (CORE)
  • Collisions into Dust Experiment (COLLIDE)
  • Electromagnetic Field Measurements
  • Flow Boiling in Micrograp Coolers – Embedded Thermal Management for Space Applications
  • Microgravity Propellant Gauging Using Modal Analysis
  • Suborbital Flight Experiment Monitor-2 (SFEM-2)
  • Validating Telemetric Imaging Hardware for Crew-Assisted and Crew-Autonomous Biological Imaging in Suborbital Applications
  • Vibration Isolation Platform (VIP)
  • Zero-Gravity Green Propellant Management Technology

ニューシェパードは、垂直離着陸型の回収ロケットとミッション機器を搭載するカプセルから構成され、今回で10回目(NS-10: New Shepard 10)の飛行となります。同じ機体による打上げとしては、今回が4回目です。高度約107kmに到達し、カプセル、ブースター共に回収に成功しました。年内には有人飛行を開始する予定です。

source : NS-10打ち上げビデオ(YouTube/ブルー・オリジン社), 関連ツイート(ブルー・オリジン社Twitter)


    関連リンク

    SEDの関連記事