宇宙技術開発株式会社

中国はサウジアラビアの地球観測衛星などを打ち上げ

最終更新 2018.12.07

日本時間2018年12月7日(金)午後1時12分に、サウジアラビアの地球観測衛星サウジサット5Aと5B(Saudisat-5A/5B) および超小型衛星10機を搭載した長征2Dロケットが、甘粛省 酒泉衛星発射センターから打ち上げられました。

欧米メディアの報道によれば、サウジサット5A/5Bは、2004年に打ち上げられたサウジサット2と2007年に打ち上げられたサウジサット3の置き換えにあたり、それぞれ重さは約200kgほど、高分解能地球観測衛星とのことです。


    SEDの関連記事