宇宙技術開発株式会社

「はやぶさ2」から小型探査ローバMINERVA-II1分離成功

公開日 2018.09.20|最終更新 2018.09.21

小惑星リュウグウの探査を進める「はやぶさ2」から、小型ローバMINERVA-II1が分離されました。探査機の最接近高度は約55m、分離時刻は探査機時刻で9月21日(金)午後1時5分と発表されました。MINERVA-II1は、Rover-1AとRovar-1Bの2機で、カメラ、温度センサ、光センサ、加速度計、ジャイロなどが搭載されています。

運用の結果、MINERVA-II1のローバ2機は、リュウグウに着陸できたことが確認され、各ローバの状態は正常、リュウグウ表面での探査を開始したとのことです。また、「はやぶさ2」は、MINERVA-II1を分離後、リュウグウの中心から約20km上空のホームポジションへ日本時間9月22日午後3時に戻りました。「はやぶさ2」の状態は正常です。

リュウグウ表面の重力は小さく、機体が浮き上がりやすい条件を活かして、ホッピング機構で移動できる方法が採用されています。1回のホップで空中に飛び上がり着地するまでに最大15分間ほど滞空し、水平方向に最大15mほど移動できます。放出を前に20日から開始されている分離運用のために、「はやぶさ2」の広角カメラONC-W1のリアルタイム配信も実施されました。リュウグウ上のホップ時の画像などが報告されています。

source : MINERVA-II1分離成功記事(JAXA), 「はやぶさ2」Twitter

21日に記者会見が行われました。

source : 9月21日16:00-記者会見(JAXA)


    関連リンク

    SEDの関連記事