宇宙技術開発株式会社

ロシア宇宙飛行士の選出を発表

最終更新 2018.08.23

2018年8月10日(金)に、ロシアで17回目となる宇宙飛行士の選抜(公募は今回が2回目)結果が発表され、8人の新しい宇宙飛行士候補生が誕生しました。内訳は、軍のパイロット3人と民間のパイロット1人、エンジニア4人で、2012年に1名だけAnna Kikinaが女性飛行士として選ばれましたが、今回は男性のみです。候補生たちは、これから2年間の訓練に入ります。今回の宇宙飛行士候補生は、ロシアの有人月探査計画に参加する可能性があります。

現在、ロシアの有人打ち上げは国際宇宙ステーション(ISS)への滞在だけですが、ISSへ滞在するロシア人の数は予算難のため昨年から1人減らされて2人になっています。ISSの打ち上げは年間4回なので、ロシア人飛行士の打ち上げも年間4名となることから、ベテラン宇宙飛行士と競わなければならない新人宇宙飛行士にはミッションへの任命は狭き門となっています。

source : ROSCOSMOS