宇宙技術開発株式会社

ドラゴン15号機は宇宙ステーションへ

公開日 2018.07.02|最終更新 2018.07.03

日本時間2018年6月29日(金)午後6時42分42秒に、スペースX社商用補給機ドラゴン15号機(Space X CRS-15 (SpX-15)/Dragon) を搭載したファルコン9ロケットが、ケープカナベラル空軍基地から打ち上げられました。ロケットは計画どおり飛行し、打ち上げから約9分30秒後に、ドラゴン15号機がロケットから分離されました。

なお、2,600kgを超える供給品を積んだドラゴン15号機は、7月2日(月)午後7時54分に国際宇宙ステーション(ISS)のロボットアームに捕捉されました。また、午後10時52分に、ISSのハーモニーモジュールへ結合しました。ドラゴン15号機は、約1ヶ月後に約1,820kgの貨物を積載し、再び地球へと戻ります。

source : NASA


    関連リンク

    SEDの関連記事