宇宙技術開発株式会社

中国陸地探査衛星四号打ち上げ成功

最終更新 2018.03.20

日本時間2018年3月17日(土)午後4時10分に、中国の地球観測衛星である陸地探査衛星四号(LKW-4:Land Surveying Satellite-4)を搭載した長征2Dロケットが、甘粛省 酒泉衛星発射センターより打上げられました。衛星は予定軌道に投入されたとのことです。

同衛星は昨年12月に2機と、今年1月に1機が打ち上げられており、今回は4機目。高度約500km、軌道傾斜角は約94.52度です。

中国では今年の春節後、最初の長征ロケット打ち上げにあたります。陸地探査衛星四号は、主に陸域の資源探査を行う地球観測衛星で、今回のメディアからの発表は明らかではありませんが、分解能1-3m程度の光学センサが搭載されていると考えられています。


    SEDの関連記事