宇宙技術開発株式会社

ソユーズMS-05による飛行士帰還

公開日 2017.12.13|最終更新 2017.12.15

国際宇宙ステーション(ISS)第53次長期滞在ミッションのソユーズMS-05宇宙船が、3人の宇宙飛行士を乗せ地球に帰還しました。日本時間2017年12月14日(木)午前11時2分に、ソユーズMS-05宇宙船のハッチが閉鎖された後、午後2時14分にISSとのドッキングが解除されました。

同日の午後4時45分から4分40秒間の軌道離脱噴射が行われ、午後5時15分にソユーズMS-05宇宙船は大気圏に突入しました。

ランディ・ブレスニク飛行士、セルゲイ・リザンスキー飛行士、パオロ・ネスポリ飛行士の3人が乗るソユーズMS-05宇宙船は、同14日午後5時37分に無事着地しました。

source : NASA


    関連リンク

    SEDの関連記事