宇宙技術開発株式会社

通信衛星アジアサット9号の打ち上げ成功

最終更新 2017.09.29

日本時間2017年9月29日(金)午前3時52分に、通信衛星アジアサット9号(Asiasat 9)を搭載したプロトンMロケットの打ち上げが実施されました。打ち上げ約11分後に第三段ロケットと上段のブリーズMが切り離されました。ブリーズMはその後5回の噴射を繰り返し、午後1時5分に衛星から切り離され、衛星は予定の軌道に乗りました。

通信衛星アジアサット9号は、SSL社(Space Systems/Loral)により製造され、ASIASAT社により運用されます。28本のCバンド帯のトランスポンダと32本のKuバンド帯のトランスポンダを持ち、テレビ放送、ビデオ配信やモバイル向けサービスなどを、東経122度の静止軌道上から実施する予定です。

source : ILS社


    関連リンク

    SEDの関連記事