宇宙技術開発株式会社

スペースX社商用補給機12号機の帰還

最終更新 2017.09.20

日本時間2017年9月17日(日)午後5時40分、スペースX社商用補給機ドラゴン12号機(SpaceX-12 Dragon CRS-12)は、国際宇宙ステーションから放出されました。商用補給機のドラゴン12号機は、8月16日にNASAの船外実験装置CREAM「クリーム」や、与圧貨物として運ばれたマウス実験Rodent Reserch-9など、約2,900kgの貨物を宇宙ステーションへと運搬しました。大気圏に突入したドラゴンカプセルは、午後11時14分頃、太平洋上に着水しました。

今回は、微小重力環境下で肺組織培養を行うLung Tissue 実験、免疫疾患治療薬への応用を目的とするタンパク質結晶成長実験CASIS PCG 7の試料、微小重力環境で頭部に生じる流体変化が眼に与える影響を調べる実験Rodent Research-9のマウスなど、1,700kg以上の貨物が回収されました。

source : NASA


    関連リンク

    SEDの関連記事