宇宙技術開発株式会社

スペースX社の「宇宙服」を初公開

最終更新 2017.08.25

スペースX社のイーロン・マスク氏は、有人のドラゴン2宇宙船の搭乗員のための宇宙服の写真を公開しました。詳細は来週公開されるとのことです。

今年1月には、ボーイング社が開発している、有人船スターライナーのための新型宇宙服(Blue Suits)も公開されています。また、スターライナー搭乗員用の宇宙服のブーツはReebok(リーボック)社で、耐火性のために Nomex製のシェルを使用、内側はある程度ストレッチする特殊なメッシュを使用しています。宇宙服が膨らんだときにはロックアウトし、ブーツが常にフィットする作りとなっています。これらは船内に於いて使われることが前提の宇宙服です。

なお、船外活動を行う宇宙服に関する動きとしては、現在のNASAの宇宙服は在庫が枯渇し、国際宇宙ステーション退役の2024年までもたないという指摘が4月に出ています。NASAでは、シャトルの与圧服として使われていたオレンジスーツをオリオン宇宙船用に改造した宇宙服を開発中。ロシアでは、軽微な改良を施した新型宇宙服Orlan-MKSが今年2月のプログレス補給船MS-05で国際宇宙ステーションに運ばれ、今月行われたロシアEVA時に初めて使用されました。

source : Elon Musk氏のTwitter情報


    関連リンク

    SEDの関連記事