宇宙技術開発株式会社

欧州宇宙飛行士と中国の宇宙飛行士が洋上訓練

最終更新 2017.08.24

欧州宇宙機関ESAの宇宙飛行士のマティアス・マウラー飛行士とサマンサ・クリストフォレッティ飛行士は、中国の山東省煙台市(イェンタイ)で、この8月に9日間に亘る洋上サバイバル訓練に参加しました。この訓練は中国の宇宙飛行士センターと運輸省の救助局によって組織され、16人の中国人宇宙飛行士も共に参加しました。

中国人以外がこの訓練に参加するのは初めてとのことですが、宇宙飛行士は不測の事態にも対処し、海上などに着水した場合も生き残るための訓練が必要です。この訓練では与圧服を着た飛行士達が、海に浮かべられたモックアップの神舟宇宙船カプセルに入ります。カプセルから出て膨張式のボートに移る前に、飛行服を断熱性と浮力を有するスーツに着替える必要があります。ボートに乗り込んだのち、船やヘリコプターで救助が行われます。

ESAは、将来中国の宇宙ステーションに欧州の宇宙飛行士を乗せるという目標を持っており、すでに2015年に協定が結ばれています。

source : ESA


    関連リンク