宇宙技術開発株式会社

アトラスVロケットによるデータ中継衛星TDRS-Mの打ち上げ

最終更新 2017.08.22

日本時間2017年8月18日(金)午後9時29分に、NASAのデータ中継衛星TDRS-Mを搭載したアトラスVロケットが打ち上がりました。TDRS-Mは来年初めからサービスを開始し、ハッブル宇宙望遠鏡やISSとの高速でのデータ中継を行うネットワークに組み込まれる予定です。

TDRS-Mは、TDRS-KとTDRS-Lに続く、第三世代データ中継衛星の3機目の機体です。運用軌道に到着した後にTDRS-13と呼ばれるようになる予定です。

source : NASA


    関連リンク

    SEDの関連記事