宇宙技術開発株式会社

通信衛星SES-15の打ち上げ成功

最終更新 2017.05.19

日本時間2017年5月18日(木)午後8時54分、ソユーズST-Aロケットに搭載された通信衛星SES-15が、南米の仏領ギアナ基地より打ち上げられました。

打ち上げは、順調に推移し、打ち上げ8分49秒後に第3段の切り離しが実施されました。その後、3段のフレガットに搭載したロケットを2回噴射し、打ち上げ5時間18分28秒後にSES-15衛星の切り離しが実施されました。

SES-15衛星は広域をカバーするKu帯のワイドビームと、高いスループット(HTS)能力を有するKu帯のマルチスポットビームに加え、Ka帯によるゲートウェイ接続を提供するSES社初のハイブリッドタイプの衛星です。また米国政府のペイロードとしてGPSの補強信号も提供する予定です。

source : アリアンスペース社


    関連リンク

    SEDの関連記事