宇宙技術開発株式会社

火星北極域に現れているラセン渦巻きについて

最終更新 2017.02.06

ESAのマーズ・エクスプレス(Mars Express)の撮影した、火星の北極に現れるラセン渦巻きが紹介されています。紹介されている画像は2004年から2010年の間に撮影されたものから組み合わせて作成されたもので、およそ百万平方kmの範囲となっています。

極地域の氷冠は恒久的なものですが、2017年初頭現在、火星の北極は冬にあたります。火星大気中の二酸化炭素の約30%がドライアイスとして凍るほど気温が下がるため、冬場はドライアイスの層の厚さが1mほど増します。

一方暖かい夏の期間は、水の氷の層を残して二酸化炭素の氷のほとんどは直接大気中に気化します。極中心から低い縁側に吹くこの地域の強風は、地球のハリケーンと同じく横方向のコリオリ力を受け、長い時をかけてこの渦巻き状の地形を形作ったと考えられます。

極冠を二分するように通っている谷はボレアレ谷峡谷(Chasma Boreale)は長さ500km、深さ2kmの溝を刻んでいます。これは、マーズ・エクスプレスと同様に火星を周回観測しているNASAのマーズ・リコネッサンス・オービター(MRO)に搭載されたレーダによる浅い地下の観測により明らかになっています。

NASAのMROに関しては、他にも搭載されている高分解能カメラHiRISEにより撮影された夏の期間の火星の北極周辺を紹介した記事もあります。マーズ・エクスプレスの画像で紹介されたものと同じく、極中心からの強風で並行に浸食された砂漠の地形が写っています。こちらの画像では、極から離れるに従って半円状に盛り上がった丘(※barchan dunes)が形成されているのもわかります。

※barchan dunes:バルハン砂丘
 地球でもカラクム(トルクメニスタン)、ナミブなどの砂漠にも見られる特徴的な地形。風下側が立ち上がり、砂が半円状に盛り上がるため三日月型砂丘とも言われる。

source : ESA


    関連リンク