宇宙技術開発株式会社

中国 年末に高分解能センサ搭載の高景一号打ち上げ成功

最終更新 2017.01.05

中国政府および欧米メディアによると、日本時間2016年12月28日(月)午後0時23分、中国の民間企業が保有する地球観測衛星「高景一号」(Gaojing-1(1)/(2))が、長征2Dロケットにより打ち上げられました。投入された軌道は予定よりも近地点高度が低かったため、衛星側の推進系を使用して軌道高度の引き上げが行われています。

高景一号は、地上分解能0.5mの撮影を行う光学センサを搭載しており、2機が対で打ち上げられています。また、北京市の中高生が開発に参加した2Uのキューブサットの科学衛星(BY70-1)が、相乗りで打ち上げられました。


    SEDの関連記事