宇宙技術開発株式会社

「こうのとり」6号機は順調に国際宇宙ステーションへ結合完了

最終更新 2016.12.14

宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機(HTV6)は、国際宇宙ステーション(ISS)に向けて最終接近を実施した後、予定より少し早い12月13日(火)午後7時39分にISSロボットアームにより把持、14日(水)午前3時24分にISSとの結合を完了しました。今後は、船外及び船内貨物がISSへ順次移送される予定です。

搭載品には、11月に紹介した超小型衛星(CubeSat)と6Uから12Uへ放出機能を倍増させた小型衛星放出機構(J-SSOD)の他、沸騰・二相流実験装置(TPF)、宇宙放射線のリアルタイムモニタ装置(PS-TEPC)、次世代ハイビジョンカメラ(HDTV-EF2)、二酸化炭素除去装置(CDRA)軌道上交換ユニット、搭乗員のための飲料水や生鮮食品など。

船外の搭載品として、ISSの交換用の新型リチウムイオンバッテリが6台。ISSへの補給品ではありませんが飛行機会を活用してデブリ除去のための実証実験を行うHTV搭載導電性テザーの実証実験KITE、宇宙用薄膜太陽電池フィルムアレイシートモジュール実証(SFINKS)があります。

source : JAXA


    関連リンク

    SEDの関連記事