宇宙技術開発株式会社

プログレス補給船の打上げは失敗

公開日 2016.12.01|最終更新 2016.12.02

国際宇宙ステーション(ISS)の無人補給機プログレスMS4(65P)を搭載したソユーズUロケット打ち上げが、日本時間2016年12月1日(木)午後11時51分に実施されました。

打上げ後、第3段に異常が起き、正常な軌道投入が出来ませんでした。ロシアのRoscosmosによれば、打ち上げから382秒(3段の燃焼中であった6分22秒)までは正常でしたが、その段階でプログレス補給船からのテレメトリが途絶えました。また、その後レーダーでもプログレス補給船が予定された軌道にはいないことが確認されました。

後の確認で、高度190kmで生じた異常のため機体は焼失、トウバ共和国内の無人地域に墜落したことが確認されました。プログレスMS4(65P)には、ISSに届ける予定の水、酸素、推進薬、食料、ロシアの新型宇宙服(Orlan-MKS)、その他消耗品など計2,442kgが搭載されていました。

source : NASA


    関連リンク

    SEDの関連記事