宇宙技術開発株式会社

エグゾマーズ火星周回機による最初の観測

最終更新 2016.11.30

欧州とロシアが共同で進める火星探査ミッションのエグゾマーズ(ExoMars)では、火星を周回して観測を行うトレース・ガス・オービター(TGO:Trace Gas Orbiter)の観測が開始されました。

TGOは、10月19日に火星軌道に入り、火星表面を接近時230-310km、遠点時に98000kmの楕円軌道で、4.2日に1回周回しています。11月の20日から28日の間に、TGOに搭載される下記4つの科学装置の試験を行い、観測の際重要となる較正を実施しました。

  • NOMAD(ESA)
    Nadir and Occultation for MArs Discovery
    大気微量成分観測(記事最初の2枚のグラフは、2016年11月22日に取得したNOMADデータ)
  • ACS(ESA)
    Atmospheric Chemistry Suite
    二酸化炭素観測(記事3枚目のグラフは、ACSの取得データ)
  • CaSSIS(ベルン大)
    Colour and Stereo Surface Imaging System
    カラーステレオ画像システム(記事4枚目の画像は11月22日にCaSSISの取得した11枚の画像から作成された3D)
  • FREND(ESA)
    Fine Resolution Epithermal Neutron Detector
    中性子観測(記事5枚目のグラフは、FRENDが検出した中性子)

TGOが最も近づいた高度235kmからヴァレス・マリネリス谷の北にあるへベス谷の上空から、CaSSISの11枚の画像が示されました。カメラチームではこれらのステレオ画像から3Dへの迅速な復元も実施されました。

6枚目の画像は、11月22日にCaSSISの取得した大きなクレーターの画像です。そのクレーターは画像左方にあり、火星赤道近くにあたります。直径1.4kmほどで、ダ・ヴィンチ(Da Vinci)と名付けられました。画像の分解能は7.2mとなります。

RENDは、宇宙線が惑星表面に衝突した時に生じる中性子を計測する装置で、観測したデータからは、探査機が火星に近づくほど中性子の量が増えることと、地表の組成により増える領域と減る領域があることが確認されています。

なお、TGOは、来年には高度400kmの円軌道に近い軌道に変更される予定です。

source : ESA


    関連リンク