「こうのとり」6号機に搭載する超小型衛星7基

公開日 2016.11.08|最終更新 2016.12.07

2016年12月9日(金)に打上げが予定されているH-IIBロケット6号機ですが、搭載される宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機(HTV6)で国際宇宙ステーションへ向かう超小型衛星7機(下記)が、11月7日(月)、報道陣に発表になりました。

  • AOBA-VeloxIII 九州工業大学/Nanyang技術大学(シンガポール)
  • TuPOD JAMSS/GAUSS社(イタリア)/Tancred小学校・INPE(ブラジル)/OSN社(米国)
  • EGG 東京大学
  • ITF-2 筑波大学
  • STARS-C 静岡大学
  • FREEDOM (株)中島田鉄工所/東北大学
  • WASEDA-SAT3 早稲田大学

また、超小型衛星の放出能力が6Uから12U相当に倍増された新しい放出機構についても、初めて公開されました。(UはCubeSatの容積を示しており、最小の1U CubeSat (10cm角サイズ)を基準にして示したものです。12U相当の場合、1Uサイズなら最大12機、3Uサイズなら最大4機を搭載・放出可能です。)

source : JAXA


TOP