宇宙技術開発株式会社

ブルー・オリジンは5回目の飛行・回収試験実施に成功

最終更新 2016.10.07

米国東部時間2016年10月5日(水)午前11時36分(日本時間6日(木)午前0時36分)に、ブルー・オリジン(BLUE ORIGIN)社が開発したロケット「ニューシェパード(New Shepard )」の5回目の打ち上げが実施されました。

打ち上げから45秒で高度4,893メートルに達したところで、異常が発生したとのシナリオによりロケットから宇宙船(有人カプセルを模擬したもの)が緊急脱出用のロケットを使って切り離され、上昇しました。カプセルは固体ロケットモータを2秒間噴射して高度7,092メートルに 達した後、パラシュートを使って着地しました。

切り離されたロケットの方は高度93,713メートルまで達した後、打ち上げから7分29秒後に、エンジンを逆噴射しながらテキサス州の同社が所有する射場に垂直に着陸しました。

今回はこのロケットの5回目の飛行で最期の弾道飛行となりました。

source : ブルー・オリジン社


    SEDの関連記事